ニュース
» 2019年12月04日 07時00分 公開

ハイクラス層の飲みニケーション?:年収1000万円プレーヤーは飲み会で「どこ」に座るか 調査で判明 (1/2)

忘年会シーズンだが、年収1000万円プレーヤーは飲み会でどこに座るのか? ハイクラス層の「飲み会術」を調査した。

[ITmedia]

 間もなく忘年会の季節。特に職場などの飲み会では、誰がどの席に座るか気にする人も少なくないのでは。人材サービスを手掛けるパーソルキャリア(東京・千代田)が年収1000万円プレーヤーに飲み会への意識調査を行ったところ、他の収入の層に比べてちょっと変わったな実態が浮かび上がってきた。

photo 1000万円プレーヤーの飲みニケーションとは? 

ハイクラス層ほど忘年会に参加

 調査は8月、同社のハイクラス層向けのキャリア情報サービス「iX」(アイエックス)が実施。1都3県(東京、千葉、神奈川、埼玉)に住むビジネスパーソンの男女800人に、インターネット上で行った。うち400人が30〜50代で年収1000万円〜1100万円未満、残り400人は20〜40代で、平均年収となる400〜500万円未満の層。

 まず、1000万円プレーヤーと平均年収の層に、「2018年の会社関連の忘年会への参加回数」を聞いたところ、両者とも50%強が「1〜2回程度」と答え、最多となった。一方で、「3回以上参加した」と回答した1000万円プレーヤーは22.3%で、10%だった400〜500万円層の倍以上となった。

photo 18年、会社関連の忘年会に何回行ったか?(パーソルキャリア調査)

 ハイクラス層ほど忘年会に多く参加しているという結果について、パーソルキャリアの担当者は「ハイクラス層は部下を連れたり取引先を交えたりなどの会食が多くなるためでは」と分析する。

 ちなみに、「全く参加しなかった」人は、平均年収層で33.8%と、1000万円プレーヤーの倍の割合となった。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -