ニュース
» 2019年01月30日 07時00分 公開

『俺たちの「戦力外通告」』著者が綴る:私はこうしてプロ野球をクビになった (1/6)

元プロ野球選手で、『俺たちの「戦力外通告」』著者が、自身の体験をもとに“クビ”になった経緯を語る。

[高森勇旗,ITmedia]

編集部からのお知らせ:

本記事は、書籍『俺たちの「戦力外通告」』(著・高森勇旗、ウェッジ)の中から一部抜粋し、転載したものです。記事内の写真は著者提供です。


 今日、戦力外通告を受ける。

 そのことは、昨日の電話で既に知っている。朝、いつもと同じように起き、同じ道を通って球場に向かう。いつもと違うのは、スーツを着ているということ。ただ、それだけである。

 それだけなのに、この気持ちはなんだろう。

 長い野球人生だった。小学校3年生のときに半ばやらされて始めた野球は、いつのまにか人生の中心にあった。試合に勝つこと、仲間と協力すること、思い通りにならないこと、そして、自分自身を高めること。人生において大切なことは全て、野球から教わった。“プロ野球”という一つの完成されたフィクションに、人生の全てを注ぎこんできた。それが、今まさに終わろうとしている。

 「どんな気持ちになるのかな」

 情熱の全てを注ぎこんできたものが終わる時、自分自身は正気でいられるだろうか? 取り乱したりしないだろうか? どこか他人事のようにそんなことを考えていた。

 抜けるような高い空に、風が吹き抜けていく。金木犀の香りが濃く香る日だった。横須賀港に停泊している軍艦は、今日も波に揺られてギシギシと音を鳴らしている。グラウンドでは、“来年”に向けて選手たちが練習を始めていた。それは、昨日までと変わらない、いつもの光景だった。

photo 3年目の高森氏。2軍の試合で「見逃し三振」に倒れたシーン

「今後、どうする?」

 「おはよう。そこに座ってくれ」

 そう声をかけてくれた高田GMの横には、2人の球団職員が座っていた。寮の応接室の椅子に腰をかける。寮に4年間住んでいたが、この部屋に入るのは何回目だろうか。

 「高森な、6年間見てきたけど、成績も思わしくないしな。来年は、球団としては契約をしないことになった」

 何の話をされるかは分かっていた。それでも、妙に脈が速く、呼吸は浅い。

 「はい。6年間お世話になりました」

 何かを考えて答えたのではない。用意していた言葉をそのまま口から吐き出しただけである。

 「今後、どうする?」

 間髪入れずに、次の質問へと移る。戦力外通告を言い渡す仕事など、誰もやりたくはない。向こうも向こうで、それなりの緊張はあるのだろう。

 「トライアウトを受けます」

photo 1軍の初出場試合でのワンシーン
       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.