3分Biz.
調査リポート
» 2019年12月05日 09時39分 公開

就活だけでなく就職後も苦労……:「世代間格差」が明らかに? 人生、仕事への満足度、ともに「氷河期世代」が突出して最低 対照的に満足度が高かった世代は……

PGF生命が「人生の満足度に関する調査2019」の結果を発表した。人生、仕事とともに「就職氷河期世代」の40代が突出して低かった。つらい時代を乗り越えて就職しても、その後の満足度が低くとどまっているようだ。対照的に、両方とも高い満足度を感じている世代は?

[鬼頭勇大,ITmedia]

 プルデンシャルジブラルタファイナンシャル生命保険株式会社(PGF生命、東京都千代田区)は12月3日、「人生の満足度に関する調査2019」の調査結果を発表した。今回で5回目となる調査で、人生や仕事に関する満足度をまとめている。

人生や仕事の満足度、両方とも「氷河期世代」が最低(出所:ゲッティイメージズ)

 「仕事・職業についての総合的な満足度」で、「満足している」という回答が最も少なかったのは男女ともに「就職氷河期世代」に当たる40代。満足していると回答したのは40代男性が23.7%、女性は36.7%にとどまった。

 特に40代男性は20代男性(26.5%)とともに前回調査から大きくポイントを落とした。前回調査では40代男性が32.5%、20代男性は37.5%だった。なお、満足しているという回答が最も多かった世代は男女ともに「60代・70代」。60代、70代男性の56.0%、女性は59.5%が満足していると回答した。

「人生」に関する満足度の調査結果(出所:PGF生命「人生の満足度に関する調査2019」)

仕事の満足度も「氷河期世代」が最低

 「就業者」に限定した満足度の調査でも、同様の結果だった。世代別に見ると、満足していると回答した人の数は男女ともに40代が最低。40代男性は23.7%、女性は36.7%にとどまった。男女各年代でみたときに20%台だったのは40代男性のみで、突出して低い満足度が明らかになった。

「仕事」に関する満足度の調査結果(出所:PGF生命「人生の満足度に関する調査2019」)

 こちらでも満足度が最も高かった世代は男女ともに60・70代男女だった。男性は55.1%、女性は51.0%が満足していると回答。50%を超えたのは全年代を見わたしても60・70代しかなかった。

 仕事、職業の「報酬」に関する調査では、満足していると回答した人の割合は25.4%にとどまった。「その他」を除くと「公務員・団体職員」が最も高く40.0%で、最も低かったのは「自営業・自由業」の18.0%だった。

「報酬」に関する満足度の調査結果。公務員が最も高い(出所:PGF生命「人生の満足度に関する調査2019」)

 調査はネットエイジア(東京都中央区)協力の下、10月9〜11日の期間で行われた。20〜79歳の男女2000人を対象に、インターネット上で集計した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -