#SHIFT × Tech
ニュース
» 2019年12月16日 14時26分 公開

領収書の処理をスマホ撮影で 精算業務を省力化する「ExpenseIt」をコンカーが開発

コンカーは、スマートフォンで領収書を撮影するだけでデータの自動入力を行える新機能「ExpenseIt」を開発した。

[城戸芳充,ITmedia]

 コンカーは12月13日、スマートフォンで領収書を撮影するだけでデータの自動入力を行える新機能「ExpenseIt」を開発した。同社が提供するクラウド型出張/経費管理サービス「SAP Concur」のモバイルアプリで利用が可能だ。

photo ExpenseItの概要

 ExpenseItは、スマートフォンで撮影した領収書をOCRで読み取ることで、「Concur Expense」上での経費精算レポート作成をサポートしてくれる機能。支払先名や経費タイプ、金額、通貨、日付などをAIが自動判別し、経費明細データとして取り込めるため、経費精算業務の手間を削減できる。

 またコンカーは、SuicaやPASMOなどの交通系ICカードをiPhoneにかざすだけで精算申請に必要なデータをConcur Expenseに取り込めるモバイルアプリ(正式名称は現在未定)の開発に着手したことも併せて発表している。こちらのリリースは2020年前半の見込みだ。

photo 開発中アプリの概略

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間