金融ビジネス最前線〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2019年12月18日 15時47分 公開

20代女性投資家の41%が、2019年に「投資デビュー」

老後2000万円問題などの問題提起もあり、これまで投資に無縁だった若年層が関心を持った2019年。スパークス・アセット・マネジメントが実施した調査によると、20代女性投資家の41.2%が、今年投資を始めた「投資デビュー組」だったことが分かった。

[斎藤健二,ITmedia]

 老後2000万円問題などの問題提起もあり、これまで投資に無縁だった若年層が関心を持った2019年。スパークス・アセット・マネジメントが実施した調査によると、20代女性投資家の41.2%が、今年投資を始めた「投資デビュー組」だったことが分かった。

年代・男女別の投資経験年数(スパークス・アセット・マネジメント調査より)

 投資家全体でみると、投資デビュー組の比率は14%。男女問わず、若年層ほど2019年から投資を始めたという人が多く、関心が高まった成果がうかがえる。

 一方で、投資経験者のうち21%が投資を離脱している。その内訳を見ると、投資開始から3年以下でやめてしまった人が44.8%にのぼり、引き続き、長期投資が根付いていない状況だ。

「ポイント投資」は昨年から9ポイント上昇

 注目を集めるポイント投資については、投資家の24.8%が「している」と回答。その比率は若年層ほど高く、20代では43.5%に達した。18年の調査結果と比較すると、ポイント投資を行っている人の割合は9ポイント上昇しており、すでに取り組んでいる人は多いことが分かった。

ポイント投資の経験(スパークス・アセット・マネジメント調査より)

 同じく注目を集めたロボアドバイザー投資については、していると答えた人は8.2%に留まった。34.8%が利用意向を示したものの、普及はこれからとなっている。また、ソーシャルレンディング投資については、5.1%が行っていると回答。こちらも、若年層ほど利用率や利用意向が高く、非伝統的な投資手法に関心を持っている様子がうかがえる。

ロボアドバイザー投資の経験(スパークス・アセット・マネジメント調査より)
ソーシャルレンディング投資の経験(スパークス・アセット・マネジメント調査より)

 投資している金融資産の種類では、日本株式が67.7%となりトップ。投資信託(49.9%)、外貨(18.9%)、外国株式(13.2%)と続いた。20代男性においては、仮想通貨へ投資している人が24.7%に達しており、他年代に比べて高い。

現在投資している金融資産(スパークス・アセット・マネジメント調査より)

 本調査は、ネットエイジアリサーチのパネル内投資経験者1000人に、インターネットで行われた。有効回答から男女、年代別が均等となるよう抽出している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間