金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2019年12月23日 17時59分 公開

GMOが日本円ステーブルコインの実証実験開始

GMOインターネットは12月23日、日本円と連動したステーブルコイン「GMO Japanese YEN(GYEN)」の実証実験を開始すると発表した。2020年上期の提供に向けて準備を進めており、今回はその土台となるブロックチェーンについて実験する。

[斎藤健二,ITmedia]

 GMOインターネットは12月23日、日本円と連動したステーブルコイン「GMO Japanese YEN(GYEN)」の実証実験を開始すると発表した。2020年上期の提供に向けて準備を進めており、今回はその土台となるブロックチェーンについて実験する。

GYENのロゴ

 GYENは、日本円の価値に連動したコイン。仮想通貨を決済に使うためには、乱高下する価格がネックとなっていた。これを解決し、価格が安定した仮想通貨として注目が集まっているのがステーブルコインだ。Facebookが提供を目指しているLibraもステーブルコインの1種。

 GYENは当初、海外での提供を見込む。仮想通貨のボーダレスな取引や、フィンテック分野におけるブロックチェーン技術の活用支援を目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -