連載
» 2020年01月10日 07時30分 公開

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:賃金は減り、リストラが加速…… ミドル社員を脅かす「同一労働同一賃金」の新時代 (1/5)

2020年は「同一労働同一賃金」制度が始まる。一方、厚労省が示した「均衡待遇」という言葉からは、正社員の賃金が下がったり、中高年のリストラが加速したりする可能性も見える。そんな時代の変わり目には、私たち自身も働き方と向き合い続ける必要がある。

[河合薫,ITmedia]

 2020年がスタートしました。「子年」。新しい十二支のサイクルがスタートです。

 19年の夏頃からでしょうか。「時代の大きな変わり目が来ている」――。そんなことを肌で感じてきました。今当たり前と思っていることが当たり前じゃなくなり、「へ〜、そんな時代があったんだ〜。信じられない〜」などと遠いまなざしで過去を懐かしがるような。そんな変化が始まる年になると個人的には考えています。

 20年の大きな目玉といえば、4月から施行される「同一労働同一賃金制度」です。本来、同一労働同一賃金とは、職務内容が同じであれば、同じ額の賃金を従業員に支払うという制度です。

 「正規か非正規かという雇用形態にかかわらない均等・均衡待遇を確保し、同一労働同一賃金の実現に向けて策定するものです」

 これは厚生労働省が示した「同一労働同一賃金ガイドライン」の冒頭に書かれている文章ですが、「均等・均衡待遇」という文言は、実に大きな意味を持ちます。

 いい意味で? いいえ、悪い意味で。

 同一労働同一賃金に「均等」だけではなく「均衡」という2文字が入ることは、働く人の賃金に悪影響を与える可能性が高まってしまうのです。

4月に始まる「同一労働同一賃金」制度への懸念とは……(写真提供:ゲッティイメージズ)
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間