ニュース
» 2020年01月15日 11時31分 公開

店舗の省人化に有効か:ロボットが接客する「ゼロ軒めロボ酒場」を養老乃瀧がオープン 多店舗化も検討 (1/2)

居酒屋チェーン「一軒め酒場」などを運営する養老乃瀧がロボット酒場をオープン。ロボットが接客をしたりドリンクを作ったりする。実証実験の結果を踏まえて多店舗化も検討する。

[昆清徳,ITmedia]

 居酒屋チェーン「一軒め酒場」などを運営する養老乃瀧は1月23日、「ゼロ軒めロボ酒場」(東京都豊島区)をオープンする。3月19日までの限定営業。

ゼロ軒めロボ酒場とは?

 ロボ酒場では、ロボットがお客の注文を受けてからビールやサワーなどのドリンクをつくり、提供する。ロボットはお客の性別、年齢、表情などを識別するカメラと連携。AIを駆使してお客ごとに異なる会話やモーションをするように設計されているという。また、お客のリアクションを識別することで、ロボットの接客スキルも日々向上させていく。

 ロボ酒場は、JR池袋駅南口から徒歩2分ほどの場所にある「一軒め酒場」の店内に設置される。営業時間は8〜24時。ラストオーダーは23時30分となっている。メニューは「ロボ生ビール」「スコッチハイボール」「ロボレモンサワー」「白加賀でつくったロボ梅酒ソーダ」「ロボと泪とカシスとソーダ」「桃色ロボ想い」(いずれも税込500円)だ。

ゼロ軒めロボ酒場で働くロボット
ゼロ軒めロボ酒場のメニュー

 接客ロボットを提供するのは、ロボティクス・サービス・プロバイダーの「QBIT Robotics」(東京都千代田区)。同社は「変なカフェ渋谷」(東京都渋谷区)にコーヒーを提供するロボットを導入している。

変なカフェ渋谷で働くロボット(出所:QBIT Robotics公式Webサイト)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間