連載
» 2020年01月30日 07時00分 公開

世界を読み解くニュース・サロン:5Gは健康に悪影響を及ぼす? 歓迎ムードの裏で広がる懸念 (1/4)

2020年、日本でも5Gのサービスが始まる。東京五輪に向けて整備が進み、盛り上がっていきそうだが、海外では「5Gの健康被害」を懸念する声が出ている。反5Gのデモなどではどのような主張がされているのか。5Gは本当に危険なのか。

[山田敏弘,ITmedia]

 2020年、日本でついに5G(第5世代移動通信システム)が始まる。

 メディアでさまざまなニュースが報じられて、5Gはじわじわと盛り上がる気配を見せている。

 例えば最近でも、東京都の渋谷区観光協会がKDDIや渋谷未来デザインとともに「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」を立ち上げたり、NTTドコモが5G時代を見据えたサービスとして、新たなライブ体験「新体感ライブ CONNECT」を提供したりすることが発表された。

 超高速通信、超低遅延、多数同時接続といった特徴をもつ5Gが広く普及すれば、社会は一変する可能性がある。もちろん、今春に5Gが始まっていきなり全てが一変することはなく、本格的にそのすごさを享受できるようになるにはまだ時間がかかるだろう。

 とはいえ、東京オリンピック・パラリンピックでも大々的に使われる5Gでは、会場周辺などでこれまでにない観戦体験ができるという。東京都は競技会場を5Gの重点整備エリアにも指定している。

 五輪まで、ゆっくりとではあるが盛り上がっていきそうだ。だが、そんな5G歓迎ムードに水を差すような話が海外で話題になっている。「5Gは身体に悪影響を及ぼし、健康被害が懸念される」というのである。いったいどういうことなのか。健康被害とはどういうもので、本当に危険なのか。

欧州などで5Gの健康被害を訴えるデモが起きている(写真:ロイター)
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間