ニュース
» 2020年02月14日 13時12分 公開

求める人材像にもマッチ:社内報の名前は「月刊はらわた」 ドンキ運営会社のPPIHが「幹部への文句」をそのまま掲載する理由 (3/3)

[昆清徳,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

記者会見で何度も「はらわた」の名前が出た

 PPIHの新中長期経営戦略「Passion 2030」では、2030年に売上高3兆円、営業利益2000億円を達成するとしている。この目標を達成するには、従業員の意思統一が欠かせない。社内コミュニケーションを促進するためのツールとして月刊はらわたは位置付けられている。それは、2月6日の記者会見の場で、何度も「はらわた」の名前が出たことからも明らかだろう。

 「戦術や戦略を語る前にまずはファイターであれ」「企業の体質が戦い続ける組織」――吉田社長はPPIHが重視している理念や企業文化をこのように表現した。こういった独自の文化を全従業員と共有することができるか。

創業者の理念を記した『安売り王一代 私の「ドン・キホーテ」人生』(文藝春秋刊)
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -