ニュース
» 2020年04月11日 21時09分 公開

孫正義氏、マスク「月産3億枚」供給へ 中国BYD社と提携

ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は自身のTwitterへの投稿で、月産3億枚のマスクを製造し、供給していくことを明かした。新型コロナウイルス感染拡大を巡っての対応。中国の電気自動車大手BYD社と提携して製造ラインを設立する。

[ITmedia]

 ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は4月11日午後8時ころ、自身のTwitterへの投稿で、中国の電気自動車大手・比亜迪股份有限公司(BYD)社と提携して月産3億枚のマスクを製造し、供給していくことを明かした。新型コロナウイルス感染拡大を巡っての対応。

photo ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(2017年11月撮影)

 孫社長は「出来ました。世界最大マスクメーカーBYD社と提携し、SB(ソフトバンク)用製造ライン設立。5月から納品、月産3億枚 (医療用高機能N95を1億枚、一般用サージカルを2億枚) 。政府マスクチームと連携を図り、医療現場をはじめ、一人でも多くの人々にSBは無利益でマスクを供給します」と投稿した。

photo 孫社長の略歴(ソフトバンクグループの公式Webサイトより)

 孫社長は11日午前の段階で「現在の日本ではどのくらいマスク不足は深刻なんだろうか? 医療現場で毎日戦っておられる皆さん、そして介護施設やその他休む事が出来ずライフラインを支える為に頑張っている皆さん、マスク不足の現状を教えて下さい」とも投稿。4日には、マスク100万枚を医療機関や介護施設に寄付すると表明していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間