特集
» 2020年06月04日 07時00分 公開

アフターコロナ 仕事はこう変わる:Zoom背景にQRコード Sansanのオンライン名刺の実力 (1/2)

Zoomなどのビデオ会議を使ったやり取りは、コロナ禍のもとかなり普及し、一般的になってきた。ただし、初顔合わせの場がオンラインミーティングとなると、問題もある。その一つが名刺交換だ。これを解決しようと、クラウド名刺管理サービスを提供するSansanは、オンライン名刺サービスの提供に向けて動いている。具体的な活用法を聞いた。

[斎藤健二,ITmedia]

アフターコロナ 仕事はこう変わる:

 新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、業務の進め方を見直す企業が増えている。営業、在宅勤務、出張の是非、新たなITツール活用――先進的な取り組みや試行錯誤をしている企業の事例から、仕事のミライを考えていく。

連載第1回:“コロナ後”に焼き肉店が過去最高の売り上げ 中国で奮闘した日本人社長、汗と涙の全記録

連載第2回:コロナうつにならないために 従業員のメンタルケア、“不安とうまく付き合う”サポートが鍵

連載第3回:記者が体験した、Zoom発表会のベストプラクティス

連載第4回:freee佐々木大輔CEOがリモートワーク時代に1on1を重要視する真の理由――マネジャーが部下と信頼関係を築く要点

連載第5回:「出社する意味とは?」「作業机が激減?」 コロナ後のオフィスに起きる重大変化

連載第6回:テレワーク普及で企業の「スペース」はどうなる? 変わりゆく“空間の使い方”

連載第7回:本記事


 緊急事態宣言が解除されても、商談や会議の多くは対面には戻っていない。Zoomなどのビデオ会議を使ったやり取りは、コロナ禍のもとかなり普及し、一般的になってきた。ただし、初顔合わせの場がオンラインミーティングとなると、問題もある。その一つが名刺交換だ。

 こうした課題を解決しようと、クラウド名刺管理サービスを提供するSansanは、オンライン名刺サービスの提供に向けて動いている。具体的な活用法を聞いた。

名刺情報の入ったZoom用バーチャル背景を提供

 まずSansanが提供するオンライン名刺のイメージを見てみよう。実際にZoomミーティングのバーチャル背景として、Sansanが提供しているものがこれだ。

Sansan広報の武田春香氏

 オフィス風の写真をベースに、左上には名前とタイトルが、右上にはQRコードが表示されている。このQRコードを、スマホのカメラなどで読み取れば、名刺情報が表示されるようになっている。

 Sansanは、個人向けに無料で利用できるEightと、企業向けのSansanという、2種類のクラウド名刺サービスを提供している。このZoom用バーチャル背景は、Eightの機能の1つとして5月から提供を始めたもので、3週間で1万人がダウンロードしたという。

 PC版Eightにログインし、自分の名刺の下にある「オンライン名刺交換」を押すと、「オンライン商談用バーチャル背景」として、現在22種類が用意されている。

PC版Eightにログインし、自分の名刺の下にある「オンライン名刺交換」を押す
QRコードと名刺情報が含まれたバーチャル背景が22種類用意されている
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間