ニュース
» 2020年07月01日 14時10分 公開

コロナ禍の自粛ムードは消えたか:2週間以内に外食した人は54.9%、「居酒屋」では8.2%

直近2週間で外食した人の比率は5割強に。リサーチ会社が調査。若い人ほど積極的。

[ITmedia]

 リサーチ会社のクロス・マーケティング(東京都新宿区)が6月26日に実施した調査によると、「直近2週間以内に外食した人」の割合は5割強となった。若い世代ほど高い傾向になった一方、やはりコロナ禍の影響で引き続き不安を感じ、自粛を続けている人も一定数いるとみられる。

photo 外食への自粛ムードの影響はどこまで残っている?(写真はイメージ)

「外食時に店のコロナ対策に不安」約27%に

 調査は同社が全国の20〜69歳の男女1100人にネット上で実施。最近どんな業態の店で飲食したか、また店舗のコロナ対策への不安度などを聞いた。

 テークアウトを除き「2週間以内に外食したかどうか」を聞いたところ、した人は54.9%という結果に。20代に絞ると62.3%となり、若い世代ほど外食に積極的な結果となった。

photo 2週間以内に外食したお店 (クロス・マーケティング「外食に関する調査」。テークアウト除く)

 業態別にみると、「コーヒーショップ・喫茶店」が最多で14.7%となった。一方、「密」状態が懸念されてきた「居酒屋」は8.2%にとどまった。

 実際に外食した人に「外食時に店舗のコロナ対策で不安を感じたか」と聞いたところ、51.5%が「感じていない」と回答。一方で27.5%が「感じた」と答えた。

photo >外食時、店舗の新型コロナ対策に対して不安を感じたか (クロス・マーケティング「外食に関する調査」)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間