メディア
ニュース
» 2020年07月09日 14時30分 公開

KDDI、タクシーでの相乗り通勤実験を開始――満員電車などの「3密」回避新たな新型コロナ対策(2/2 ページ)

[ITmedia]
前のページへ 1|2       

感染者出た場合は濃厚接触者の特定も可能に

 タクシーの車内は少人数での利用、ユーザーが密接しづらい座席設定、換気やアルコール消毒などで新型コロナ対策を取る。加えてユーザーの社員に感染が発覚した場合は、出退勤の移動データを元に濃厚接触者を特定・隔離する処置を取ることも可能になる。

photo 飛沫防止のビニールカーテンで新型コロナ対策を施した車内(同社提供)

 未来シェアは2月にも石川県で三井住友海上火災保険の社員を対象に同様の実験をスタートするなど、タクシーの相乗り通勤の取り組みを進めている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -