ニュース
» 2020年07月30日 08時00分 公開

コロナ禍で「おじさん労働者」が不利な状況に? 本当か仕事をしているフリ(3/3 ページ)

[猪口真,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!
前のページへ 1|2|3       

 多くの人が指摘しているように、馬脚をあらわしてしまったのは、これまで仕事をしたフリをしていた中高年だ。

 結局、コロナ禍ではっきりしたのが、「仕事をつくることができる人」「仕事を処理することができる人」「どちらもできない人」の3つに、より明確に分類されてしまったことだ。

 もちろん、会社の中には、「プロフェッショナル制度」などと言われ、仕事を処理することのプロとして、ビジネス生涯をまっとうする人も少なくない。後進の指導や技術の伝承がそのマネジメントワークとなる。

 そうではない管理職には、この「仕事をつくる」ことが、本来、求められていたのだが、それに、こうした能力は、本来ならおじさんたちの方がはるかに優れているはずなのに、そこから逃げてしまっては、この先は本当にない。

 そういう意味では、セルフマネジメントというよりも、セルフリーダーシップというべきかもしれない。

 「ハンコがいる」だの「会社に行くことが仕事の人たち」などといった、悪評ばかりがおじさん労働者にはつきまとっているが、自分をしかるべき仕事に導き、「どちらもできない人」のレッテルを貼られないうちに、生き延びる道を見つけてほしいものだ。(猪口 真)

 →フォローして猪口 真氏の新着記事を受け取る

前のページへ 1|2|3       

Copyright (c) INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -