メディア
日本を変える「テレワーク」
ニュース
» 2020年08月11日 18時30分 公開

バブルの部屋で:リモートワークでも“雑談”を活発に NTTコミュニケーションズが新サービス「NeWork」提供

NTTコミュニケーションズは、リモートワークでも雑談などのコミュニケーションを活性化させるオンラインワークスペースサービス「NeWork」の提供を開始する。リモートワークでのコミュニケーション活性化や生産性向上を支援する。

[ITmedia]

 NTTコミュニケーションズは8月11日、リモートワークでも雑談などのコミュニケーションを活性化させるオンラインワークスペースサービス「NeWork(ニュワーク)」の提供を開始すると発表した。Web会議では難しい“立ち話”感覚での相談や雑談などがしやすいツールで、リモートワークでのコミュニケーション活性化や生産性向上を支援する。同日、事前登録の受け付けを開始。8月31日から提供する。

「NeWork」のメイン画面。「バブル」という会話スペースが表示される(出典:ニュースリリース)

 リモートワークで使われるWeb会議は、事前のスケジュール確認や専用URLの連絡などが必要となり、気軽に話しかけるためには使いづらい。簡単な相談や雑談の機会も減少している。そこで、「リアルより気軽に話しかけられる」ことを目指して新サービスを開発したという。

 PCのブラウザから利用できるNeWorkのメイン画面では、自分の居場所となる「ワークスペース」が表示される。ワークスペース内には、プロジェクトや話題ごとにメンバーが集まる仮想の部屋「バブル」を作ることができる。このバブルが、会話スペースとして機能する。

 バブルに参加しているときは、マイクに向かって発言するだけでメンバーと会話することができる。Web会議のような形式ではなく、「少人数でわいわいがやがや、活発に意見を交わすコミュニケーション」に向いているという。

「バブル」内に話しかけるだけで相手に伝わる(出典:ニュースリリース)

 また、同じバブルにいない人とも、相手のアイコンをクリックするだけで会話を始められる。相手が話せる状態かどうかは、アイコンの色で見分けることができるため、事前に状況を確認しなくても話しかけることができる。

1対1でも、1クリックで会話を始められる(出典:ニュースリリース)

 自分の状態は、いつでも会話できる「オープン」、相手の声だけ聞こえる“耳だけ参加”の「ワーク」、会話できない「ゾーン」の3種類から選択可能。作業に集中したいときなど、話しかけられたくない場合はゾーンモードに切り替えることができる。

 利用料金は無料。今後、有料版の提供も予定しているほか、機能の追加や拡張も進める。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -