メディア
フィンテックで変わる財務
ニュース
» 2020年08月20日 17時54分 公開

10月の改正法施行に商機見いだす:マネーフォワード、請求書を電子保管できるサービスを提供 中小企業の業務効率化へ

マネーフォワードは、請求書などを電子保管するサービスを9月下旬から提供する。10月施行の改正電子帳簿保存法では、請求書などのデータ保存の要件が緩和される。改正法に対応したサービスに商機を見いだしている。

[ITmedia]

 クラウド会計ソフトのマネーフォワードは8月20日、請求書などの取引関係書類を電子保管するサービス「マネーフォワード クラウドBox」を9月下旬から提供すると発表した。同社の会計ソフトを使用すれば無料で利用できる。

マネーフォワード クラウドBox(出所:リリース)

 同社の請求書管理ソフトと連携することで、ソフトを通じて受け取った請求書やメール、郵送した書類を自動でクラウド上に保管することが可能。また、取引情報などを元に、必要な書類を検索し、確認することができる。

 2020年10月に改正電子帳簿保存法が施行され、領収書や請求書などのデータ保存の要件が緩和される。中小企業はこれまで、この要件を満たすことが難しく、データでの保管が普及していなかった。改正法の施行によって、訂正や削除を行った内容を確認できる、または改変ができないシステムでデータを管理すれば、紙の原本を保管せずに済むようになる。

マネーフォワードのウェブサイト

 マネーフォワードでは、同社のその他の会計ソフトとの連携を強化し、監査手続きもクラウド上でできるサービスの開発も進めている。改正法施行を機に、電子帳簿保存法の要件を満たせなかった中小企業を中心にクラウド会計ソフトの導入を促したい考えだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -