3分Biz.
調査リポート
» 2020年09月02日 13時06分 公開

食生活や運動を意識:コロナ前より「健康になった」が5割 健康への支出減も禁煙対策費用は増加

明治安田生命の調査によると、新型コロナウイルス感染拡大前と比べて「健康になった」という回答が約5割に上った。スポーツジムなど、健康増進への支出額は前年より減少。一方、禁煙対策への支出は増加した。

[ITmedia]

 明治安田生命保険が9月2日に発表した「健康」に関するアンケート調査結果によると、新型コロナウイルス感染拡大前と比べて「健康になった」という回答が約5割に上った。一方で、健康増進のために使う費用は減少している。自宅を中心とした生活から、食事や運動などの習慣を見直した人が多いようだ。

約5割がコロナ前より「健康になった」という

 新型コロナ感染拡大やそれに伴うステイホームによって、自身が健康になったか実感しているかを質問したところ、「健康になったと思う」「やや健康になったと思う」が合わせて48.1%を占めた。また、「変わらない」も49.1%を占め、「不健康になったと思う」「やや不健康になったと思う」は2.8%にとどまった。

新型コロナ感染拡大前より健康になったと実感しているか(=明治安田生命調べ)

 コロナ後の健康意識についても「高まった」という回答が45.1%。具体的には「食事・栄養」「運動」「ストレスをためない」といったことに対する意識が高まった人が多かった。

 実際に、「日常的に運動・スポーツを行っている」という回答は36.5%となり、前年よりも3.3ポイント増加。「健康的な食生活を意識している」は76.8%に上り、2.4ポイント増だった。

健康的な食生活を意識しているか(=明治安田生命調べ)

 一方、健康増進のために支払っている1カ月当たりの平均支出額は、前年より1699円少ない5051円だった。内訳をみると、特に「スポーツジムの利用料」の平均額が583円減り、最もマイナス幅が大きかった。他に「サッカー・フットサル」「ヨガ」「ランニング・ウオーキング」なども減少。外出自粛などの影響で支出機会が少なくなったようだ。

 支出額が増えた項目もある。「健康アプリ等の利用料」が1080円増だったほか、「禁煙対策」は1775円も増えた。4月に改正健康増進法が施行され、屋内で原則禁煙となった影響もあり、禁煙に本格的に取り組む人が多いことがうかがえる。

 また、「新型コロナウイルスへの対策(マスク、消毒薬など)」への平均支出額は1723円だった。

健康増進のために支払っている費用について(=明治安田生命調べ)

 調査は8月6〜13日にインターネットで実施。20〜79歳の5640人が回答した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -