日本を変える「テレワーク」
ニュース
» 2020年09月03日 18時12分 公開

1年後には100カ所に:JR東のシェアオフィス、今秋48カ所に拡大 「周囲を気にせずWeb会議」で需要増

JR東日本がシェアオフィス事業を拡大する。これまでも電話ボックス型のブースやコワーキングスペースなど30カ所を展開していたが、今秋18カ所を新たに開設する。

[秋山未里,ITmedia]

 JR東日本は9月3日、シェアオフィス事業を拡大すると発表した。これまでも30カ所を展開していたが、今秋18カ所を新たに開設。リモートワークが急速に浸透する中、場所にとらわれず働きたい人のニーズに応える。

photo 今秋、新たに18カ所を開業する

 これまで電話ボックス型の「STATION BOOTH」やコワーキングスペース「STATION DESK」の他、提携するホテルメッツの空室なども活用し、30カ所を展開してきた。今後1年以内に100カ所に増やし、25年度までに全国1000カ所に展開する計画だ。

photo 電話ボックス型の「STATION BOOTH」などを展開している

 同社によると、「集中して作業を行いたい」「周囲を気にせずWeb会議を行いたい」といったニーズが高まり、利用が増えているという。今後は設置する駅を増やすだけでなく、提携する事業者も募集して拡大していく。

 この他、これまで集合型オフィスにあった会議室やプロジェクトルームを切り出し、ミーティングブースや月単位で借りられるスモールオフィスとして提供するサービスも計画している。

photo スモールオフィスのイメージ

 新幹線などでワ―ケーションに行けるプランも提供する予定だ。具体的には、スキー場「GALA 湯沢」(新潟県湯沢町)付近でワーケーションができるツアーを開催。10月上旬からモニターを募集する。ホテルファミリーみなかみ(群馬県みなかみ町)など、対象の宿泊施設を定額で使えるプランも導入する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -