ニュース
» 2020年02月05日 16時30分 公開

三井不動産が協業を促進:シェアオフィスで「テストマーケティング」「プレゼン成功率向上」 多様化する機能とは? (1/2)

三井不動産は法人向けシェアオフィス「ワークスタイリング」で、会員企業との協業を加速する。新拠点「ワークスタイリング日本橋三井タワー」では17社と連携。テストマーケティングなど、多様な機能を備えた場をつくった。

[加納由希絵,ITmedia]

 三井不動産は、全国で展開する法人向けシェアオフィス「ワークスタイリング」で、会員企業との協業を加速する。1月30日にオープンした旗艦拠点「ワークスタイリング日本橋三井タワー」(東京都中央区)では17社と連携。アイデア創出を支援するITサービスを導入した部屋や、プレゼンに最適な照明を備えた部屋などをつくった。新製品などのテストマーケティングの場としても活用してもらう。

三井不動産がオープンした「ワークスタイリング日本橋三井タワー」。緑と遊び心があふれる作業スペースも用意している

「つながり」でビジネスを支援

 ワークスタイリングは、2017年にサービスを開始。全国に47拠点を展開しており、会員企業数は500社、登録会員数は10万人を超えている。20年3月には50拠点まで増やす計画だ。会員が時間単位で利用できる「SHARE」と、スタートアップ企業や支店などの拠点として使えるレンタルオフィス「FLEX」の2タイプがある。SHAREは全拠点にあり、FLEXを併設している拠点が6カ所ある。

 拠点や会員企業の数が増えるにつれて、他の企業とのコラボレーションやイベント開催の相談を受けることも多くなり、マッチングなどに対応してきた。「ワークスペースの提供だけにとどまらない、“つながり”を促進する場にしたい。会員企業との『共創』を加速し、ビジネスを飛躍させる場づくりに取り組んでいる」と、同社ワークスタイル推進部 ワークスタイリンググループの細田知子氏は話す。

 その象徴といえるのが、今回オープンした日本橋の拠点だ。設計の段階から会員企業のアイデアを取り入れている。

 例えば、「STUDIO」という会議室には、TISが提供するアイデア出しサポートツール「AIブレストスパーク」を導入。これは、ある言葉から連想するキーワードを拾ったり、新しい発想のヒントとなるキーワードを出したりできるクラウドサービスだ。室内は2面スクリーンや壁いっぱいのホワイトボード、赤色の床と天井を備えており、感性を刺激してアイデアを出すための環境を整えている。

アイデア出しをサポートする「AIブレストスパーク」を利用できる「STUDIO」
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -