フィンテックで変わる財務
ニュース
» 2020年09月07日 15時38分 公開

メルペイとd払い、QRコード共通化

加盟店は1つのQRコードを設置するだけで、両方式のユーザーが利用できるようになる。

[ITmedia]

 メルペイとNTTドコモは、それぞれが提供するスマホ決済サービス、メルペイとd払いにおいて9月初旬から共通QRコードの利用を開始する。加盟店は店頭に1つのQRコードを設置するだけで、メルペイとd払いのどちらのユーザーも利用できるようになる。

 併せて、加盟店の決済手数料を2.6%に統一する。これまではメルペイが1.5%、d払いが3.24%だった。決済手数料を実質するキャンペーンも2021年6月30日まで行う。また、加盟店への入金手数料(200円)が無料となる条件も、従来の10万円から1万円に引き下げる。

 これらは2月に発表した、メルカリ、メルペイ、ドコモの業務提携によるもの。「メルカリとメルペイ、ドコモが持つアセットを相互に活用し、スマホ決済領域で連携し共通QRコードでの利用を実現することにより、両グループのお客さまの利便性向上、また、日本におけるキャッシュレス推進をめざす」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -