ニュース
» 2020年09月18日 14時48分 公開

コロナ禍で業績上方修正した上場企業186社の特徴 (2/2)

[斎藤健二,ITmedia]
前のページへ 1|2       

好調なB2C、苦戦のB2B

 業績を上方修正した企業を業種別に見ると、製造業が約3割、小売業が約2割を占めた。売り上げ好調な企業では、主に家庭向けの食品関連や衛生用品関連が多い。

 続いて、オンラインやテレワークと関わりの強い、情報・通信業が約18%、外出自粛によりインターネットアクセス増加となったインターネット広告業などを含むサービス業が約17%だった。

 B2C企業に好調企業が多いなか、卸売業を中心にB2B企業は苦戦を強いられた。

業績上方修正した企業の業種別比率(東京商工リサーチ資料より)

上方修正の理由は「経費減少」

 業績上方修正の理由は、「経費減少」が最多の77社で、4割を占めた。出張の減少や会議のオンライン化などが経費の圧縮につながった。続いて、「巣ごもり消費増加」(27%)、「内食需要増加」(19%)、「衛生用品売上増加」(18%)の順となった。

業績上方修正の理由(複数カウントあり)(東京商工リサーチ資料より)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -