連載
» 2020年10月22日 07時00分 公開

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:中国デジタル人民元“最新事情”〜当面のライバルはアリペイとWeChat Pay (1/5)

中国デジタル人民元の最新実証実験が、10月18日に終了した。デジタル通貨分野では他国に1年以上先行する中国が、いち早く舵を切ってきた動機は実は国内事情にある。ここでは世界のデジタル通貨事情とともに、中国の現状と構想を紹介したい。

[浦上早苗,ITmedia]

 中国の中央銀行・中国人民銀行による法定デジタル通貨(CBDC、通称:デジタル人民元)の市中での利用実験が深セン市で行われた。日本やEUの中銀も2021年中の実証実験を目指しているが、中国の動きは1年以上早く、各国の警戒を呼んでいる。

 一方、中国では既に2社のQRコード決済が浸透し尽くしており、消費者にデジタル人民元の利用をどう動機付けるかも課題となっている。

深セン市政府による、デジタル人民元の市中利用実証実験のWebサイト
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -