コラム
» 2020年12月14日 07時43分 公開

車も売れば石も売る:地方私鉄や第三セクターのビジネスモデル探訪 (1/4)

鉄道会社グループというと、多様な関連ビジネスを行うことで経営実績を上げる事例がよく見られる。しかし経営の厳しい地方私鉄や第三セクターは、独自のビジネスを採用し、状況を改善しているところも多い。今回は、これら独自ビジネスを行う鉄道会社を紹介する。

[小林拓矢,ITmedia]

 鉄道を運営している会社が、さまざまな関連ビジネスを行い相乗効果で経営実績を上げるのは、都市部に限った話ではない。地方でも、鉄道だけではなく総合企業グループとして実績のある鉄道会社がある。

 一方、経営の厳しい地方私鉄や第三セクターは、独自のビジネスで利用者や注目を集めることで、状況を改善しているところも多い。

 今回は、数々のそんな鉄道会社を紹介したい。

SLの運行で人気を集める大井川鐵道

鉄道会社なのに車を売る?

 静岡県にある静岡鉄道は、トヨタ自動車のカーディーラーである「静岡トヨペット」「トヨタカローラ東海」「ネッツトヨタスルガ」を経営している。さらには、「静鉄自動車学校」という自動車学校も運営する。

 静岡鉄道は新静岡〜新清水間、つまり静岡市内(合併する前の静岡市と清水市)で鉄道を運行している。この静岡鉄道は、地方では珍しく高頻度運転のダイヤを組んでいるため、多くの地元の人たちに支持されている点が特徴だ。ダイヤは、平日昼間は10分間隔、ラッシュ時には6分間隔で、通勤・通学に便利な鉄道となっている。

 だからといって中古車両を運行しているわけでもない。静岡鉄道では「A3000形」という総合車両製作所製の「sustina」シリーズの新車を導入し、編成ごとに7色を使い分け、「shizuoka rainbow trains」と名付け、新しさと快適さを利用者にアピールしている。

 もちろん、静岡市といっても広いことは重々承知だ。沿線だけで市内の交通がまかなえないのも確かである。

静岡鉄道はニコニコ超会議にも出展していた
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -