ニュース
» 2020年12月15日 07時30分 公開

生茶ブランド20周年:最後発なのに発売3週間で2000万本突破 「キリン 生茶 ほうじ煎茶」が好調なワケ (1/3)

キリンビバレッジが9月に発売した「キリン 生茶 ほうじ煎茶」が売れている。発売から3週間で販売数量が2000万本を突破。同社が2017年からの3年間で発売した新商品の中で最速の記録だという。その理由は……

[上間貴大,ITmedia]

 キリンビバレッジが9月に発売した「キリン 生茶 ほうじ煎茶」が売れている。発売から3週間で販売数量が2000万本を突破。この数字は、同社が2017年から発売した新商品の中で最速の記録だ。さらに発売から50日で年間販売目標を達成した。

キリン 生茶 ほうじ煎茶 発売50日で年間販売目標を達成した

 他の大手飲料メーカーはすでにほうじ茶を販売していて、同商品は最後発の商品だ。それなのになぜ売れ行きが良いのだろうか。キリンビバレッジ 執行役員 マーケティング部長の山田雄一氏は、「『ほうじ茶で、生』という意外性が受けているのではないか」と分析する。

 そもそも、生茶ブランドの「生」とは、つみたての生茶葉を芯まで凍らせて搾った「まる搾り生茶葉抽出物」のことを指す。ほうじ煎茶では、この抽出物と茶葉の焙煎を工夫し、生茶ブランドらしい上品な香りと甘みを実現。雑味のない軽やかな余韻が感じられるように仕上げたという。

(出所:キリンビバレッジ公式Webサイト)

 「生というのが私たちの価値。生茶がほうじ茶を発売するとどうなるのか。という期待感を持っていただいたと思う」(山田氏)

 なぜ緑茶ブランドの「生茶」がほうじ茶を発売することにしたのか。その背景には、健康志向の高まりによるトレンドの変化があった。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -