メディア
ニュース
» 2020年12月16日 16時12分 公開

最長で2年間勤務:淡路島で週30時間働いて給与は月額16万6000円 パソナ、緊急雇用「1000人」計画を発表

パソナグループはコロナの影響で働く場所を見つけられなかった若者の支援策を打ち出した。最長で2年間、契約社員として淡路島で働く。どういった内容なのか。

[ITmedia]

 パソナグループは、2021年3月以降に卒業予定の未就労者(大学、大学院、短大、専門学校、高校)を対象に、キャリア形成プログラム「ギャップイヤープログラム」を提供すると発表した。コロナ禍の影響で働く場所を見つけられなかった若者に就労の機会を提供するとともに、ビジネスの基礎などを習得してもらうのが狙い。募集するのは1000人としている。

どのような支援をするのか(出所:リリース)

 20年12月からオンライン説明会、筆記試験、適性検査、面談などを行う。プログラムが始まるのは21年4月で、パソナグループの契約社員として最長2年間就業する。働く場所は、同社が兵庫県淡路島で展開する施設。入社直後の業務は、農作物の販売・収穫、テーマパークのキャストとして接客、事務センターのオペレーションなどを想定している。入社から7カ月後には、パソナグループ各社に配属される。2年目には、「人事・アドミ・HR部門コース」と「ベンチャー・農業・アート・スポーツコース」のどちらかを選択する。プログラム終了後は、パソナグループ各社での勤務を含めた全国各地での就労・起業支援を行うとしている。

1週間のタイムスケジュールの例(出所:パソナグループ公式Webサイト)

 1週間で30時間のシフト勤務を行う。給与は大学院・大卒で16万6000円、短大・専門卒で16万1000円、高卒で15万6000円。さらに、仕事・キャリア・プライベートに関する悩みを相談できる「ワークライフファシリテーター」を配置し、サポートする。

 働きながら週に3日は「日本創生大学校」の提供する「社会人基礎講座(ビジネスマナー・語学など)」や「社会教養講座(政治・経済などの一般教養)」を受講できる。

提供するカリキュラム(出所:パソナグループ公式Webサイト)
選考から就業〜起業までの流れ(出所:パソナグループ公式Webサイト)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -