金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2020年12月21日 16時27分 公開

ソニー銀行、外貨預金残高5000億円突破

ソニー銀行は12月17日時点で外貨預金残高が5000億円に達したと発表した。国内個人の外貨預金残高は約6.8兆円であり、同行のシェアは7%となっている。

[斎藤健二,ITmedia]

 ソニー銀行は12月17日時点で外貨預金残高が5000億円に達したと発表した。国内個人の外貨預金残高は約6.8兆円であり、同行のシェアは7%となっている。

ソニー銀行の外貨預金残高の推移

 ソニー銀行は2001年の開業当初から外貨に力を入れており、外貨預金12通貨を取り扱う。市場レートと連動するリアルタイムレートの導入や、外貨送金、外貨建て投資信託などを提供している。

 16年からは、日本円や米ドル、ユーロなど11通貨対応のデビット機能付きのキャッシュカード「Sony Bank WALLET」の提供を開始。外貨預金を、円貨に変換することなく海外で使えるようにした。

 今後、5000億円到達を記念したキャンペーンも実施する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -