日本を変える「テレワーク」
ニュース
» 2021年02月19日 08時37分 公開

JR東、駅のホームにシェアオフィス開業 完全個室でWeb会議に対応日本初

JR東日本が、日本初のホーム上のシェアオフィスをオープンする。Web会議などに使える個室も備える。

[ITmedia]

 JR東日本は2月18日、日本初のホーム上のシェアオフィスをオープンすると発表した。2月25日に中央線の西国分寺駅、3月25日に三鷹駅(上り/下り)でそれぞれ開業する。料金は15分当たり250円(税別)。

photo 日本初のホーム上のシェアオフィスを開業する=JR東日本のニュースリリースより

 Web会議などに使える完全個室「CUBE」、パーテーション型の半個室「SHELTER」などを備え、アロマや専用BGMによって快適な環境を提供するという。抗ウイルス効果の高い床材や空間除菌装置も導入するとしている。

photo 中央線の西国分寺駅と三鷹駅にオープン=JR東日本のニュースリリースより
photo Web会議用の個室を用意する=JR東日本のニュースリリースより

 JR東は、シェアオフィス事業に力を入れている。駅ナカの「STATION BOOTH」の他、ホテルやフィットネスジム、コンビニ、カフェなどにワークスペースを展開。2023年度には1000カ所に拡大する計画だ。

photo 2023年度には1000カ所での展開を目指す=JR東日本のニュースリリースより

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -