3分Biz.
ニュース
» 2021年02月25日 18時06分 公開

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル 30連泊のホテル暮らしを39万円で発売

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルは、長期滞在向けの宿泊プラン「シナガワ・ロングステイ by InterContinental」の予約を開始した。20室限定で、利用期間は3月1日から6月30日まで。

[ITmedia]

 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル(東京都港区)は、長期滞在向けの宿泊プラン「シナガワ・ロングステイ by InterContinental」の予約を開始した。20室限定で、利用期間は3月1日から6月30日まで。

phot 高層階客室からの眺望(以下リリースより)

 30連泊のロングステイが1室39万円(以下、税・サービス料込)のプランを用意。宿泊料金には、ステイ中のWi-Fiやフィットネスルームをはじめ、駐車場やオフィスルームの利用料が含まれる。ホテル館内のレストラン・バー、インルームダイニングは利用時に50%オフ、ランドリーサービスは利用時に30%オフで提供する。

phot オフィスルームは平日1日2時間まで貸切可能

 新型コロナウイルスの感染拡大により、在宅勤務やリモートワークが推奨され、働き方が大きく変化した。「自宅とは違う環境で仕事に集中したい」「気軽に旅行ができない今、非日常の空間でリフレッシュしたい」というゲストの声から、長期滞在プランの販売に踏み切った。同ホテルはテレワーカーなど多様化する需要層の取り込みを目指す。

 ホテル業界では帝国ホテルが月額36万円の「サービスアパートメント」事業を発表したり、ホテルニューオータニがテレワーク専用の定額サービス「デイユースサブスクリプション」プランを30日間30万円で販売したりと、定額サービスが続々と生まれている。

phot 24時間アクセス可能なフィットネスルーム
phot 本プラン対象客室・プレミアルーム

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -