日本を変える「テレワーク」
ニュース
» 2021年05月10日 17時30分 公開

1on1で「部下に遠慮」する上司が7割以上──テレワーク中、上司と部下のすれ違いとは?コミュニケーション課題

テレワーク中の1on1ミーティングで、部下に遠慮して伝えるべきことを伝えられない上司は70.2%──テレワーク経験のある上司と部下への調査で、このような結果が判明した。

[小林可奈,ITmedia]
photo 画像はイメージです(提供:ゲッティイメージズ)

 テレワーク中の1on1ミーティングで、部下に遠慮して伝えるべきことを伝えられない上司は70.2%──HRテック企業のEDGE(東京都港区)が行った、テレワーク経験のある上司と部下への調査で、このような結果が判明した。

photo 1on1で部下に遠慮する上司が多数派(出所:「テレワーク下での上司・部下のコミュニケーション調査」EDGE )

 伝えるべきことを伝えられないことが「度々ある」と回答した上司は23.2%、「どちらかというとある」は47.0%だった。

テレワークのコミュニケーション、上司・部下のすれ違いとは?

 テレワークの浸透前後で、上司または部下とのコミュニケーションにやりづらさを感じたり、不満を感じたりする機会が増えたという上司は78.0%(「とてもそう思う」が33.0%、「どちらかというとそう思う」が45.0%)だった。一方、部下はそのように感じる人が50.6%(「とてもそう思う」が18.8%、「どちらかというとそう思う」が31.8%)で、上司と比較して少なかった。

 EDGEは、上司側ではコミュニケーションが取れなくなった原因をコロナ禍によるリモートワークだと考え、部下はコロナ禍以前からコミュニケーションが取れていないと考えていた可能性があると解説している。

「上司は自分の価値観を理解してない」「部下の価値観が分からない」が半数以上

 上司が自分の価値観を理解してないと感じる部下は、「とてもそう思う」(17.8%)と「どちらかというとそう思う」(40.3%)を合わせて58.1%だった。

photo 過半数の部下が、上司の理解不足を感じている(出所:「テレワーク下での上司・部下のコミュニケーション調査」EDGE )

 部下の本音や価値観が把握しづらい・分からないと感じる上司は、「とてもそう思う」(24.6%)、「どちらかというとそう思う」(37.8%)と、合計62.4%だった。

 調査は同社が4月15〜16日、インターネットで実施した。対象は20〜59歳のリモートワークを実施している日本在住の正社員で、800件の有効回答を得た。回答者の内訳は、上司400人、部下400人。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -