ニュース
» 2021年05月14日 16時43分 公開

SNSで発信する企業に「好印象」の就活生が8割、なぜ?知りたいのは「社員の雰囲気」

就活生の約8割が、SNSで情報発信している企業に好印象を抱いている──就職マッチングイベントを行うDYM(東京都品川区)の調査で、このような結果が判明した。

[小林可奈,ITmedia]
photo 画像はイメージです(提供:ゲッティイメージズ)

 就活生の約8割が、SNSで情報発信している企業に好印象を抱いている──就職マッチングイベントを行うDYM(東京都品川区)の調査で、このような結果が判明した。

就活の情報収集に使うSNS 1位は「Twitter」

 「SNSで情報発信をしている企業の印象は上がりますか?」という質問に、「はい」と答えた学生は80.1%を占めた。

photo SNSで発信する企業に好印象を抱く就活生が8割

 就活でSNSを活用している学生が最も使っているのは「Twitter」(41.3%)、次いで「Instagram」(36.2%)という結果になった。facebookは3.9%、YouTubeは0.6%だった。

photo 4割がTwitterで情報収集

SNSで発信する企業は「時代に合わせた柔軟性」が好印象の理由

 SNSで情報発信をしている企業は印象が上がると回答した理由は、「時代に合わせて変化している企業というイメージがあるから」が最多の24.2%。次に「身近に感じるから」(22.0%)、「情報発信をしっかりと行っているという信頼性が上がるから」(14.7%)となった。

photo 「時代に合わせて変化している企業というイメージがあるから」「身近に感じるから」などが理由

 DYMは、コロナ流行のように想定外のことが起きても柔軟に対応できる企業という安心感を学生に与えられているのではと分析する。

SNSで知りたいのは「社員の雰囲気」

 企業が運営するSNSから得たい情報は、「社員の雰囲気」「採用スケジュールや説明会、インターン開催等の詳細」「仕事内容」「給与や雇用制度などの詳細」などが上位にランクインした。

photo 「社員の雰囲気」「採用スケジュールや説明会、インターン開催等の詳細」などが上位

 DYMは、SNSを通して就活サイトだけでは分からない情報を得ようとする傾向がみられる指摘する。

 調査は、20年11月2日〜21年4月23日に同社がアンケート用紙で実施。同社が開催した就活イベント『Meets Company』に参加した就職活動中の21卒・22卒の学生を対象に、492件の有効回答を得た。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -