日本を変える「テレワーク」
ニュース
» 2021年05月17日 12時22分 公開

テレワーク実施時間、全国平均は1割 「100%出勤」企業の割合は「70%テレワーク」企業は5%以下

業務時間内におけるテレワーク実施時間の割合は、経営層や管理職などいずれの職種でも1割台にとどまる──TDBの調査で、このような結果が判明した。

[小林可奈,ITmedia]
photo 画像はイメージです(提供:ゲッティイメージズ)

 テレワークを実施している時間は、経営層や管理職などいずれの職種でも業務時間の1割台にとどまる──帝国データバンクが4月に実施した調査で、このような結果が判明した。

 職種別に見ると、経営層(役員)は平均11.2%、課長相当職以上の管理職は同11.8%、内勤職は同13.4%、外勤職は同12.4%だった。

 各職種とも業務時間のうちテレワークが占める割合は1割台にとどまった。テレワークの時間が70%以上を占めている企業は各職種とも5%程度だった。

東京・大阪・神奈川は長時間 宣言やまん防の影響か

 業務時間に占めるテレワークの時間の平均が、全ての職種で全国平均を上回ったの都道府県は、東京、大阪、神奈川の3都府県だった。帝国データバンクは、3都府県にまん延防止等重点措置および緊急事態宣言が発出されていたことの影響を指摘する。

photo 2021年4月にまん延防止等重点措置および緊急事態宣言が実施されていた地域が多い

 全ての職種において割合が最も高かったのが「東京」で、全国平均の2倍以上の数値だった。

各職種ともテレワーク「0%」企業の割合は

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -