金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年06月07日 16時40分 公開

楽天証券、クレカ積立可能なロボアド「らくらく投資」 6月20日開始

楽天証券は6月20日から、クレジットカードによる積み立てに対応したロボアドバイザーサービス「らくらく投資」の提供を開始する。100円から投資を始められるほか、楽天カードを使ったクレジットカード決済では積立額の1%をポイントで還元する。また、購入や積み立てには楽天ポイントも利用できる。

[斎藤健二,ITmedia]

 楽天証券は6月20日から、クレジットカードによる積み立てに対応したロボアドバイザーサービス「らくらく投資」の提供を開始する。100円から投資を始められるほか、楽天カードを使ったクレジットカード決済では積立額の1%をポイントで還元する。また、購入や積み立てには楽天ポイントも利用できる。

 さらに、非課税制度である「つみたてNISA」「NISA」口座にも対応する。

 ロボアドサービスの内容としては、9つの質問に答えることでリスク許容度を判断し、最適な投資コースを提案する。投資コースは「のんびり」「じっくり」「なかなか」「しっかり」「がっちり」の5種類を用意し、それぞれに対応した投資信託によって運用する。複数の地域と商品に分散したポートフォリオとなっており、リバランスも自動で行われる。

 ロボアドのほとんどは投資一任契約に基づいて運用するが、今回のらくらく投資は投資信託を使う。投資一任契約ではつみたてNISAへの対応が難しいほか、買い付け上限額が定まっているNISAではリバランスのための売買が難しかった。投資信託を使うことで、こうした制約をクリアできるほか、クレジットカードによる買い付けが可能になった。

 らくらく投資自体の買い付け上限額は設けていないが、クレジットカードで積み立てを行う場合、楽天証券の他の投資信託積み立てと合計で月間5万円が上限となる。また、コストはそれぞれ専用に用意する投資信託の信託報酬という形で発生する。サービス開始時点には、信託報酬などの詳細も明らかにする。

 サービスはスマートフォン専用。クレジットカードよって積み立てが可能なロボアドは、業界初となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -