メディア
3分Biz.
ニュース
» 2021年06月12日 09時07分 公開

定年後の再雇用、年収はどうなる? 約9割が「下がる」現実働き続けたい年齢(1/2 ページ)

パーソル総合研究所は、シニア人材の就業実態や就業意識に関する調査を行った。定年後の再雇用で、約9割の人の年収が下がっていることが明らかに。

[コネムラメグミ,ITmedia]

 パーソル総合研究所は、シニア人材の就業実態や就業意識に関する調査を行った。その中で、定年後の再雇用では約9割の人の年収が下がっていることが分かった。

 定年前と年収がほとんど変わらない人は8%、定年前より上がった人はわずか2.2%だった。また定年後再雇用で働いている人の年収額は、全体平均で44.3%も下がっていた。さらに50%程度下がった人は22.5%、50%より下がった人は27.6%と、再雇用者のうち約5割は年収額が半分以下になっていることが分かった。

定年後再雇用者の年収・職務の変化

 再雇用者に職務の変化について聞いたところ、過半数が「ほぼ同様の業務」と答えた。「ほぼ同様の業務」と回答した人も、平均で年収が39.3%も下がっていて、同一労働同一賃金やシニア人材のモチベーションの観点から問題と言える、とパーソル総合研究所は分析する。しかし若い年代の社員ほどシニア人材に対する不公平感は強く、シニア人材が得ている給料や評価に対し、20代では約3割の人が不公平感を抱いていることが分かった。

シニア人材に対する不公平感
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -