トップインタビュー
インタビュー
» 2021年06月15日 16時51分 公開

売上高が38億→82億円に大躍進 “ネットショップの参入障壁”下げる「BASE」の戦略、CFOに直撃初期費用、月額費用「ゼロ」(3/5 ページ)

[田中圭太郎,ITmedia]

リスクなしで資金調達ができる「YELL BANK」

 BASEでは加盟店向けに新たなサービスを拡充している。その一つが18年12月にスタートした金融サービスのYELL BANK。BASEを利用するネットショップオーナーが、リスクなく即時の資金調達ができるサービスだ。現在は一部の加盟店のみに提供している。

 サービスを利用するには、BASEで一定の利用実績があることが条件になる。機械学習などによって利用実績が分析され、自動的に3パターンの資金調達額が示される。加盟店は調達したい金額を選択して規約に同意すれば、すぐに調達が可能になる。

 この資金調達は、子会社のBASE BANKが将来の債権を事前に買い取ることで実現している。資金調達後は、商品が売れるたびに、売上代金から一定の支払率に応じた金額がYELL BANKに支払われる。売り上げがなかった月は、支払いは発生しない。回収期間も決まっていないという。YELL BANKの狙いを原田氏は次のように説明する。

 「BASEの加盟店は商売の規模が小さく、立ち上げてあまり時間が経(た)っていない人が多いので、まだ信用力がない場合が多いです。銀行からの融資など、既存の形で資金調達をするにはリスクもハードルも高くなります。この資金調達の課題を解決したいと考えて、YELL BANKを開発しました。

 ものづくりをされている方は、資金がなければ仕入れができません。在庫を売りさばかなければ、次の商品を仕入れられないケースもあります。加盟店の資金ニーズは一定程度あると思っています」

 しかし、実際に商品が売れない場合は、資金は回収できない。BASEがリスクを背負うことになるものの、原田氏は「リスクはそれほど問題ない」と言う。

 「BASEを利用しているショップの平均的な月商は15万円くらいです。ですから、資金調達額はそれほど大きな金額にはなりません。BASEを使い続けていただければ、どこかのタイミングで必ず回収できると考えています」

YELL BANKでBASE加盟店が資金調達する際のフロー
YELL BANKを利用した加盟店から資金回収する際のフロー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -