トップインタビュー
インタビュー
» 2021年06月15日 16時51分 公開

売上高が38億→82億円に大躍進 “ネットショップの参入障壁”下げる「BASE」の戦略、CFOに直撃初期費用、月額費用「ゼロ」(5/5 ページ)

[田中圭太郎,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

丸井グループと協業 「SHIBUYA BASE」を出店

 他にも、上場前からBASEに出資している丸井グループと協業して、BASE加盟店が一等地の実店舗出店に挑戦できる「SHIBUYA BASE」を2018年6月に渋谷マルイに出店。出店料は15%の販売手数料のみで、固定費などは必要ない。什器(じゅうき)なども無料で利用することが可能で、出店を最小限のリスクでチャレンジできる。

 いずれもBASEの加盟店に対して付加価値を提供する取り組みだ。原田氏は「今後もこの方針は変わらない」と言う。

「SHIBUYA BASE」

 「BASEを使っていただいている方に付加価値をつけていくことが、まだまだ必要なフェーズです。資本業務提携はそのために進めているもので、この方針は変わらないですね。今までいろいろなハードルがあってできなかったことが、これからもっとできていく世の中になると思っています。私たちはネットショップを運営するハードルを下げていきたいと考えていますので、BASEのさまざまなサービスをうまく使っていただきたいですね」

YELL BANKのイメージ
前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -