ニュース
» 2021年06月25日 08時32分 公開

「他社が採用を控える今がチャンス」 コロナ禍でも約7割が採用意欲変わらず

総合転職エージェントのワークポート(東京都品川区)は、採用担当者を対象に「新型コロナの中途採用への影響」についてアンケートを実施した。その結果、コロナ禍であっても約7割が採用意欲は変わらず、選考基準も変化がないことが分かった

[季原ゆう,ITmedia]

 総合転職エージェントのワークポート(東京都品川区)は、採用担当者を対象に「新型コロナの中途採用への影響」についてアンケートを実施した。その結果、コロナ禍であっても約7割が採用意欲は変わらず、選考基準も変化がないことが分かった。

コロナ禍であっても約7割が採用意欲は変わらず

 コロナの影響で採用意欲に変化はあったかと尋ねたところ、68.8%が「変わらない」と回答した。また「上がった」と答えた人は17.3%、「下がった」は13.9%となった。変わらないと回答した理由には、そもそも業績に大きな影響がないという意見と、状況に関わらず今後の事業戦略に継続的な人員が必要、慢性的な人手不足の課題を抱えているからという意見が多く挙がった。

 一方、「意欲が上がった」と回答した人からは、他社が採用を控える今がチャンスだと捉える意見が目立った。また採用人数に変化があったかの質問では「変わらない」が最多で67.1%、「減少した」が19.0%、「増加した」が13.9%となった。

 コロナの影響で選考の形式に変化はあったかの設問では「はい」と回答した人が68.3%となり、選考のオンライン化を挙げる人が大多数だった。また、求職者が増加する中で選考回数を減らすなど、良い人材を早めに確保できるように効率化を図るようになったという意見もみられた。

コロナ禍で面接はオンライン化

 採用基準の変化の有無についての設問では「変化していない」と回答した人は75.3%となり、外的要因で欲しい人材のレベルは変化しないという意見が多くみられた。一方で、「高くした」と回答した人は23.4%で求職者が増えたことで、より厳選して選考を進められるようになり自ずと基準が上がったという意見が目立った。

 調査は同社のサービスを利用している企業の採用担当者231人を対象に実施した。期間は5月18日〜5月28日。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -