ニュース
» 2021年07月03日 09時00分 公開

セブン&アイ、スピードウェイ買収は「千載一遇のチャンス」 強気の井阪社長、背景に“米国特有のコンビニ事情”大幅増収の予想(1/2 ページ)

7月1日、セブン&アイHDが2022年2月期通期の連結業績予想を発表した。前期比3.7%増の3800億円を見込んでいる。セブン&アイHDの勝算とは?

[熊谷紗希,ITmedia]

 セブン&アイ・ホールディングスが7月1日に発表した2022年2月期通期(21年3月〜22年2月)の連結業績予想は、売上高に相当する営業収益が8兆380億円(前期比39.4%増)。大幅増収の要因は、米国3位のガソリンスタンド併設型コンビニ「スピードウェイ」の買収だ。

セブン&アイHDの井阪隆一代表取締役社長=7月1日の記者会見ライブ動画より

 セブン&アイHDの井阪隆一代表取締役社長は、「千載一遇のチャンス。さらなる成長のきっかけだ」と強気の姿勢を見せる。自信の裏には、日本と北米で大きく異なるコンビニ市場の事情があるようだ。

スピードウェイ買収で増収増益

 22年2月期は、営業利益が3800億円(前期比3.7%増)、純利益が1900億円(同6.0%増)を見込んでいる。

業績予想(以下、発表会資料より)

 事業セグメント別にみると、海外コンビニ事業の営業収益は2兆1176億円増を見込んでいる。同社の丸山好道取締役執行役員によると、「米国におけるガソリン売り上げの回復とスピードウェイ買収による増収が期待できる」という。

 ただ、営業利益はスピードウェイ取得が5月にずれ込んだことで、当初の見込みよりも業績押し上げの効果は限定的だとしている。

海外コンビニ事業の増収が見込まれる

 スピードウェイは、米国のガソリンスタンド併設型コンビニだ。店舗数は全米3位の3854店舗。セブン&アイHDは20年8月に買収を発表し、当初は21年1〜3月の買収完了を目指していたが、米連邦取引委員会(FTC)の承認手続きに時間がかかり、21年6月に取得の許可が下りた。

 セブン&アイHDの井阪社長は「千載一遇のチャンス。さらなる成長のきっかけだ」と強気の姿勢を見せる。背景には、同社にとって”踊り場”を迎えた日本市場とは異なる、米国特有の市場状況がある。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -