メディア
ニュース
» 2021年07月14日 10時00分 公開

コロナ後のマーケティング市場には、どんな変化があるのか 2021年カオスマップが公開拡大する領域は?(1/3 ページ)

デジタルマーケティングの支援を行うアンダーワークスは7月13日、国内の主要マーケティングテクノロジーを分類してまとめた「マーケティングテクノロジーカオスマップ JAPAN 2021」を公開した。代表が語る「2021年のマーケティングテクノロジーの特徴の、4つの“V”」とは?

[小林可奈,ITmedia]

 デジタルマーケティングの支援を行うアンダーワークス(東京都港区)は7月13日、国内の主要マーケティングテクノロジーを分類してまとめた「マーケティングテクノロジーカオスマップ JAPAN 2021」を公開した。

photo 「マーケティングテクノロジーカオスマップ JAPAN 2021」は、同社サイトからダウンロードできる(同社提供資料)

 今回のカオスマップでは、国内で利用できる1317種類のマーケティングテクノロジーを、13分野に分類して掲載。数は昨年の1234種類から7%増加した。

 「2021年のマーケティングテクノロジーの特徴は、4つの“V”だ」と、アンダーワークス代表の田島学氏は言う。

photo 4つの“V”に注目(同社提供資料)

 20年に引き続き、コロナ禍によって需要が高まった「バーチャル」、顧客接点が多様化し、カスタマーサクセスや音声SNS、音声広告などが盛り上がりを見せたことを表す「バラエティ」、データやテクノロジーを「バーチャル・インテグレーション」(垂直統合)したオールインワンのツール、サードパーティークッキーの規制に代表されるような、個人情報に関する顧客の同意「ベリフィケーション」を重視する潮流の4つだ。

リモートとオフライン混在が前提のテクノロジーが台頭か

 リモート下でのマーケティングを行うためのテクノロジーは、20年に引き続き増加。バーチャル展示会やウェビナーは依然として需要が高い。

 こうした傾向が今後どうなっていくかは予想しづらいが、田島氏はリモートとオフラインが混在することを前提としたテクノロジーが台頭する可能性を指摘する。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -