メディア
3分Biz.
ニュース
» 2021年06月29日 16時00分 公開

ナプキン無料化、動画広告でマネタイズ 施設内の広告出稿など見込むららぽーと富士見で導入

女性個室トイレにデジタルサイネージ機能を持つディスペンサーを設置し、広告費を得ることで、利用者に対して無料で生理用ナプキンを提供する──「生理の貧困」に注目が集まるなか、オイテル(東京都品川区)はそんなサービスを8月に始める。

[小林可奈,ITmedia]

 女性個室トイレにデジタルサイネージを設置し、広告費を得ることで、利用者に対して無料で生理用ナプキンを提供する──「生理の貧困」に注目が集まるなか、オイテル(東京都品川区)はそんなサービス「OiTr」(オイテル)を8月に始める。

photo 生理用品を入れたディスペンサーにデジタルサイネージを設置

 利用者は、OiTrの無料アプリにユーザー登録したうえでアプリを起動。スマートフォンをディスペンサーに近づけて、ナプキンを取り出す。

 デジタルサイネージには、動画広告を配信する女性個室トイレメディア「OiTr ads」を表示する。マイクロアドデジタルサイネージ(東京都渋谷区)と共同で、同月にスタートする。

 女性限定であることや利用頻度の高さを生かした、長期の連続出稿による認知向上のほか、商業施設内の商品・サービスを広告配信するといった活用方法を見込む。

エリア×日時×天気……細かなセグメントが可能

 オイテルによると、同サービスの特徴は3つ。

(1)ビューアブル再生

 利用者が便座に座るとセンサーが感知し動画が開始する。

(2)細かなセグメント

 エリアや施設の業態、時間帯などを細かく設定できる。天気や気温などの外部データと連携することで、広告配信の最適化を目指す。

(3)配信頻度を調節できる

 広告の配信間隔を設定し、広告を表示する頻度を調整できる。

 三井ショッピングパークららぽーと富士見への導入を皮切りに、他の施設にも順次導入を予定している。21年中に1000台の設置を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -