金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年07月19日 16時00分 公開

サービスに組み込めるキャンセル保険登場 コロナ禍を原因とするキャンセルも補償対象

Finatextと、あいおいニッセイ同和損害保険が出資するスマートプラス少額短期保険は7月19日、自社のサービスに組み込めるキャンセル保険の提供を開始した。

[斎藤健二,ITmedia]

 Finatextと、あいおいニッセイ同和損害保険が出資するスマートプラス少額短期保険は7月19日、自社のサービスに組み込めるキャンセル保険の提供を開始した。

 レストランやテーマパーク、出張フォト撮影など、さまざまな事前予約型サービスを提供する事業者は、この保険機能を組み込むことで、利用者にキャンセル保険を提供できるようになる。宿泊療養や自宅療養、検査結果による待機、外出自粛要請による外出取りやめなど、新型コロナウイルスに関連したキャンセル理由も補償対象となる。

 「事業者がサービスとキャンセル保険をセットで提供できれば、キャンセル料を懸念してサービス予約に消極的になる人の行動を後押しできる」と両社はコメントしている。

コロナ禍を原因とするキャンセルも補償対象とする

 サービスへのキャンセル保険の組み込みは、エンベデッド型とリンク型の2種類を用意した。エンベデッド型では、サービスの予約画面に「キャンセル保険を付ける」といったメニューを用意し、必要な情報はシステム側で連携するため、ユーザー自身による情報入力はほぼ不要となる。また、サービスの予約料金と保険料の支払いを一括で受け付ける。

 リンク型は、サービスの予約画面に「キャンセル保険を付ける」というリンクを用意し、保険申し込みの画面に遷移する。画面の世界観はサービス側と似たものとし、必要な情報は自動的に連携するが、保険料の支払いは別途となる。リンク型のほうが、少ないシステム投資でキャンセル保険を提供できるとしている。

 Finatextは、顧客基盤をすでに持つ企業がユーザーに簡単に保険商品を提供するシステムの開発を進めてきた。これまでもエポスカードのユーザー向けに、医療保険を組み込み型で提供している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -