クルマはどう進化する? 新車から読み解く業界動向
ニュース
» 2021年07月19日 15時50分 公開

トヨタ、新型アクア発売 燃費は従来モデルから約20%向上(1/2 ページ)

トヨタ自動車がハイブリッド専用コンパクトカーである新型アクアを発売した。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は7月19日、ハイブリッド専用コンパクトカーである新型アクアを発売した。燃費は従来型比で約20%向上し「さらに次の10年を見据えたコンパクトカー」として訴求する。

新型アクア Z(2WD)(クリアベージュメタリック)<オプション装着車>(画像提供:トヨタ自動車)

 初代アクアは、東日本大震災が起きた2011年に発売。「次の10年を見据えたコンパクトカー」として展開し、トヨタ自動車東日本の岩手工場で生産。これまでの販売台数は187万台を超え、アクア全体で約1240万トンのCO2削減に貢献したという。

 新型アクアは「さらに次の10 年を見据えたコンパクトカー」としての装備と、より高度な環境性能を追求。1.5リットルのエンジンと「バイポーラ型ニッケル水素電池」を搭載。従来型アクアのニッケル水素電池に比べ、バッテリー出力は約2倍となった。燃費は従来型比で約20%向上し、35.8キロ/リットルとした。

 また、電気だけでの走行可能速度域を拡大。街中の多くの場面でエンジンを使わず走行できるとしている。

新型アクア バイポーラ型ニッケル水素電池
新型アクア
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -