ニュース
» 2021年07月20日 14時30分 公開

オフィス刷新、ポンタ運営会社 あえて「今のオフィスの悪いところ」を議論しなかった理由8割の社員が参加、アイデアは1000以上!(1/4 ページ)

コロナ禍をきっかけにオフィスを見直す企業は多い。「従業員の声を取り入れる」ためにアンケートやヒアリングに注力したという事例も珍しくないが、なかでもオフィスリニューアルに全社員の8割以上が関与したという稀有なケースがある。

[小林可奈,ITmedia]

 コロナ禍をきっかけにオフィスを見直す企業は多い。「従業員の声を取り入れる」ためにアンケートやヒアリングに注力したという事例も珍しくないが、なかでもオフィスリニューアルに全社員の8割以上が関与したという稀有なケースがある。

 ポイントサービス「Ponta」を運営するロイヤリティマーケティング(東京都)だ。同社では社員の8割以上が自主的に参加し、オフィスを「ゼロベースで、コンセプトから」作り上げた。

 その過程では、オフィスに求める具体的な設備を問うよりも、「どんな気分で仕事をしたいか」といった抽象的なテーマを用意し、議論を深めていったという。同社が一見、迂遠に思える方法を選んだのは、オフィスリニューアルを通じて、ある目的を実現するためだった。

 多くの工数を割いたオフィスリニューアルの、その先にある目的とは。人事総務部長の相澤倫也氏と、同部の木村昌則氏に話を聞いた。

ワークショップでオフィスを“共創” その先の目的

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -