3分Biz.
調査リポート
» 2021年07月26日 09時00分 公開

転職先で感じたプレッシャー1位「人間関係の構築」 慣れるまでにかかった時間は?転職経験者500人にアンケート

「転職を感じたプレッシャーランキング」1位は人間関係の構築だった。プレッシャーに慣れるまでにかかった時間は?プレッシャーを克服するまでに取った行動は?調査結果を見ていこう。

[らいら,ITmedia]

 転職先で感じたプレッシャーランキング1位は人間関係の構築で、プレッシャーに慣れるまでの平均期間は約5.5カ月。求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)が実施した調査から判明した。

ビズヒッツは「転職先で感じたプレッシャーランキング」を発表した(画像提供:ゲッティイメージズ)

 中途採用の場合は同期がおらず、すでにできあがった人間関係の中で仕事をすることから、人間関係の構築をプレッシャーと考える人が多いようだ。

 2位以下は、周囲からの期待、仕事の内容、成果が出せるか、大きな仕事を任されたと続いた。中途採用は即戦力として期待されて入社するケースが多いため、新卒とは異なるプレッシャーがあることがうかがえる。

転職先で感じたプレッシャー1位は人間関係の構築(画像提供:以下、リリース)

 8割近くの人が転職先でのプレッシャーから半年以内に解放されていたことが分かった。一方、退職まで解放されなかった、今もまだプレッシャーを感じていると回答した人も7.0%いた。

転職先でプレッシャーから解放されるまでの期間は?

 また、転職先でプレッシャーを克服するための行動として、積極的なコミュニケーションを挙げた人が最も多かった。人間関係の構築にプレッシャーを感じるからこそ、自発的に行動する人が多いようだ。

 2位は早く仕事を覚える、3位はスキルを高めると続き、自らの努力でプレッシャーを払拭(ふっしょく)しようとする姿勢が見て取れる。一方、できないことを伝える、周りに相談するなど積極的に周囲を頼ろうとする回答もあった。

転職先でプレッシャーを克服するために取った行動は?

 コロナ禍でテレワークが浸透したことで、社内における人間関係の構築はさらに難易度を増している。今後企業には社員個人の力量に頼るだけでなく、採用した人材を戦力化させるオンボーディングへの取り組みが求められている。

 調査は、転職経験のある男女500人を対象にインターネットで実施。期間は2021年6月22〜28日。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -