金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年07月27日 18時03分 公開

SWIFT、小口国際送金を実現する「SWIFT Go」提供開始

ベルギー・ブリュッセルに本部を置くSWIFTは7月27日、中小企業および個人の小口国際送金を、低コストかつ迅速に実現できる新サービス「SWIFT Go」の提供を開始した。世界の7大グローバル銀行が提供し、数秒で送金処理を行うという。

[斎藤健二,ITmedia]

 ベルギー・ブリュッセルに本部を置くSWIFTは7月27日、中小企業および個人の小口国際送金を、低コストかつ迅速に実現できる新サービス「SWIFT Go」の提供を開始した。世界の7大グローバル銀行が提供し、数秒で送金処理を行うという。

SWIFT Go

 SWIFTは世界200カ国の金融機関1万行以上が参加する国際銀行間通信協会。以前から銀行間の国際送金を担っており、デファクトスタンダードとなっている。一方で、複数の銀行をつないでバケツリレー方式で送金を行うため、数日以上かかるというスピードの遅さと、高いコストが課題となっていた。

 2017年には、新しくサービスとしてSWIFT gpi(global payments innovation)を開始。スピードと追跡性、透明性が高まっていた。本格的に稼働した20年には、国内メガバンクを含む複数の銀行が対応を発表している。

 SWIFT Goはgpiの基盤を用いて提供されており、「SWIFTのネットワークを通じて、口座間でのインスタントな取引を可能にするというSWIFTの新たなマイルストーンとなる」(SWIFT)としている。

 27日時点で、ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン、DNB、MYBank、Sberbank、ソシエテ・ジェネラル、ウニクレディトの7行がSWIFT Goへ対応している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -