メディア
3分Biz.
ニュース
» 2021年08月12日 09時49分 公開

正社員の「副業」を容認する企業は55%、需要が多い職種は?2018年比で3.8ポイント増(1/2 ページ)

パーソル総合研究所が実施した「副業」に関する調査では、55%の企業が正社員の副業を容認していることが分かった。副業を容認/禁止する企業の理由は……?

[熊谷ショウコ,ITmedia]

 正社員の副業を容認している企業は55%――パーソル総合研究所(東京都千代田区)が実施した「副業」に関する調査で、このような結果が判明した。

 同調査は、2018年に続く2回目。自社の正社員が副業を行うことを容認している企業の割合(全面容認と条件付き容認の合計)は、前回より3.8ポイント上昇した。

自社の正社員の副業を企業が容認・禁止している割合(出典:パーソル総合研究所)

 副業を容認する理由の1位は「従業員の収入補填(ほてん)」(34.3%)。次いで「禁止するべきものではない」(26.9%)、「個人の自由なので」(26.2%)だった。禁止する理由の1位は「自社の業務に専念してもらいたいから」(49.7%)、次いで「疲労による業務効率の低下が懸念されるから」(42.1%)となった。

自社の正社員の副業を容認する理由(出典:パーソル総合研究所)

 すでに受け入れている、または受け入れを検討している副業者の職種で多いのは「営業」(19.6%)、「ITエンジニア」(15.6%)、「情報システム関連」(13.7%)と、IT関連職種が上位に挙がっている。

副業者の職種(受け入れている/受け入れを検討している、出典:パーソル総合研究所)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -