3分Biz.
調査リポート
» 2021年09月08日 11時15分 公開

現在の預貯金額「100万円未満」が最多 現金派とキャッシュレス派で「差」あり「老後2000万円問題」とのギャップも明らかに(1/2 ページ)

現在の預貯金額は「100万円未満」が最多という結果に。しかし、現金派とキャッシュレス派で預貯金額の差があることが分かった。何に使う目的で貯めているのか? 預貯金額は? などを調査した。

[コネムラメグミ,ITmedia]

 PayPay銀行(東京都新宿区)は、15〜59歳の男女を対象に「コロナ禍のキャッシュレス決済利用と預貯金」に関する調査を実施した。現在、「預貯金している」と回答したのは71.0%で、実際の預貯金額は「100万円未満」(43.2%)が最多となった。

「コロナ禍のキャッシュレス決済利用と預貯金」に関する調査(画像はイメージ)

 次いで「100万〜200万円」(19.2%)、「1000万円以上」(16.6%)、「300万〜500万円」(15.9%)と続いた。50代では約2割が「100万円未満」(18.8%)、トータルで約7割が「1000万円未満」と回答し、「老後2000万円問題」とのギャップが明らかになった。

現在の預貯金額はいくらですか? (出所:リリース、以下同)

預貯金の目的と老後資金の目標金額は?

 また、預貯金をしている人(710人)に目的を尋ねたところ、最も多かったのは「老後資金」(42.8%)だった。次いで「趣味」(40.0%)、「旅行」(30.3%)、「病気などのリスクヘッジ」(26.9%)と続いた。老後資金の目標額1位は「1000万円以上」(54.4%)で、2位は「2000万円以上」(37.2%)となった。

老後の預貯金で目標にしたい額はいくらですか?
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -