金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年09月16日 15時45分 公開

BNPLなぜ伸びる? 日本市場特有の理由とは(1/3 ページ)

世界的に大きな潮流となっているのがBNPLだ。これは、「Buy Now Pay Later」の略で、いわゆる「後払い」サービスのことを指す。BNPLはクレジットカードに代わる決済方法として、世界各国で急速に伸びているが、それはなぜか。国内BNPL市場で40%程度のシェアを持つトップ企業ネットプロテクションズによると、実は国ごとに理由は異なるようだ。

[斎藤健二,ITmedia]

 キャッシュレス化の進展にともない、さまざまな決済方法が普及を始めているが、その中でも世界的に大きな潮流となっているのがBNPLだ。これは、「Buy Now Pay Later」の略で、いわゆる「後払い」サービスのことを指す。

 BNPLはクレジットカードに代わる決済方法として、世界各国で急速に伸びているが、それはなぜか。国内BNPL市場で40%程度のシェアを持つトップ企業ネットプロテクションズによると、実は国ごとに理由は異なるようだ。

「有利な金融」観点からBNPLが伸びる海外

 まず欧米豪では、「クレジットカードの利用が減ってBNPLにシフトしている」(ネットプロテクションズの長谷川智之シニア・プロデューサー)状況だ。これは欧米豪の決済慣習に理由がある。クレジットカードの利用には基本的に金利がかかる一方で、欧米のBNPLサービスは4分割程度までは金利がかからないという特徴がある。

 そのため、クレジットカードを持っていても、金利を避けるためにあえてBNPLを使うという動きが起きている。

豪州でのクレジットカード枚数とBNPLサービスは決済総額の推移。クレジットカードからBNPLに決済ニーズがシフトしている

 他方、やはりBNPLが伸びている東南アジアは別の理由だ。EC市場が急拡大している半面、クレカ保有率は8%に過ぎず、銀行口座保有率も55%しかない。そんな中で、スマホだけは1人1台以上普及しており、スマホ決済と併せてBNPLが使われている。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -