金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年09月17日 15時02分 公開

横浜市営バス、Visaのタッチ決済の実証実験

Visaのタッチ決済を利用した運賃徴収実験を、横浜市の市営バス一部路線で行う。高速バスを除き、首都圏を運行するバスでの試みは初めて。

[斎藤健二,ITmedia]

 ビザ・ワールドワイド・ジャパン、三井住友カード、QUADRAC、小田原機器の4社は9月17日、横浜市交通局、横浜銀行との共同で、Visaのタッチ決済を利用した運賃徴収実験を、横浜市の市営バス一部路線で行うと発表した。高速バスを除き、首都圏を運行するバスでの試みは初めて。

 10月1日に新設する、リムジン型車両を使った首都高を経由するルートで、朝は横浜駅から大黒税関正門前、夕方はスカイウォーク前・大黒海づり公園から横浜駅前までを走る。PASMOなどの交通系ICカード、市営バス定期券、1日乗車券に加え、今回Visaのタッチ決済も利用できるようにする。

 バスの運賃箱に、読み取り機を設置し、Visaのタッチ決済に対応したカードをかざすことで支払える。実験期間は2022年9月30日までを予定している。

手持ちのVisaカードで非接触決済を使い、公共交通機関に乗れることを目指す

 Visaのタッチ決済は、世界では470以上の公共交通機関に導入されており、メジャーな決済手段になりつつある。国内でも地方都市を中心に、電車やバスでの実験を進めており、これまでの交通系ICカード以外の非接触決済手段としての普及を狙う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -