金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年10月05日 17時10分 公開

三井住友銀行、法人口座にネットバンキング標準搭載

三井住友銀行は10月18日から、法人口座についてもインターネットバンキング機能を標準搭載すると発表した。また、ネット上で利用明細を確認できる「Web通帳」機能も提供する。

[斎藤健二,ITmedia]

 三井住友銀行は10月18日から、法人口座についてもインターネットバンキング機能を標準搭載すると発表した。また、ネット上で利用明細を確認できる「Web通帳」機能も提供する。

三井住友銀行が法人口座に標準搭載する、ネットバンキングサービス「パソコンバンクWeb21ライト」。先日、インタフェースのリニューアルも実施した

 三井住友銀行は、口座のデジタル化を進めている。4月1日以降開設の個人口座では、ネットバンキングの利用が前提となっており、年額1100円の口座維持手数料を課している。さらに新規口座で紙の通帳を使う場合、年額550円だ。

 法人向け口座は以前から「パソコンバンクWeb21ライト」というサービスを用意しており、大手行では珍しく初期費用、月額利用料無料で提供している。これまで申し込みベースだったが、今回標準搭載する。

 日本のネットバンキングの普及率は低く、日本銀行が2020年6月に行った調査によると、個人のネットバンキングの利用率は23.6%、法人は27.4%。紙の通帳の有料化とセットでネットバンキング利用を促すことで、各銀行は個人の利用率向上を狙ってきた。ただし、法人については月額利用料を課すところが多く、これがネットバンキングの利用拡大を阻んできたともいわれる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -